1. Home
  2. シフトJAWS
  3. マニュアル
  4. シフトを作る
  5. 1ヶ月のシフトを作成する

1ヶ月のシフトを作成する

[1.シフト自動作成の準備をする(週刊要員数の設定)
[2.シフト自動作成の準備をする(月刊要員数の設定)
[3.シフトを自動作成する]  [4.シフトを確認する
[5.シフトをクリアする

1.シフト自動作成の準備をする(週間要員数の設定)

メニュー【シフトを作る】-【1ヶ月のシフトを作成する】をクリックします。
メニュー
「週間要員数設定」タブを選択し、仕事場とグループを選択します。
週間要員数設定1
勤務区分ごとに必要な要員を設定します。
週間要員数設定2
「データを保存する」ボタンをクリックすると、設定内容が保存されます。
これは、月間要員数設定時のテンプレートになります。 週間要員数設定3
ページトップへ

2.シフト自動作成の準備をする(月間要員数の設定)

「月間要員数設定」タブを選択し、自動作成する年月と仕事場、グループを選択します。
月間要員数設定1
「週間要員数設定から簡単作成」ボタンをクリックするとメッセージが表示されるので、「はい」をクリックすると当月の要員数が自動的に設定されます。
作成後、要員数の部分をダブルクリックし、直接編集することもできます。
月間要員数設定2
「データを保存する」ボタンをクリックすると、設定内容が保存されます。
これで、シフト自動作成の準備ができました。
月間要員数設定3
ページトップへ

3.シフトを自動作成する

「シフトを作成する」タブを選択し、仕事場とグループを選択します。
シフト一覧には、そのグループに属する作業者が表示されます。
シフトを作成1
「シフト作成の条件を表示する」をチェックすると、シフト作成条件が表示されます。
作成パターン、連続勤務の最大日、最低シフト間隔を設定します。
「日を指定する」をチェックし、自動作成する期間を設定することもできます。
シフトを作成2
作成パターン
  • シフトの作成パターンを1~10から選択できます。
連続勤務の最大日
  • ここで設定した日数分のシフトが続けて入った場合、翌日は自動的に休日とします。
  • 例)5日とした場合:5日連続シフトが入ったら、6日目は休日となります。
最低シフト間隔
  • シフト終了後、ここで設定した時間を空けて次のシフトが入ります。
  • 例)10時間とした場合:前のシフト終了が10時なら、次のシフトは22時以降に入ります。
「シフトを作成」ボタンをクリックするとメッセージが表示されるので、「はい」をクリックすると当月のシフトが自動的に作成されます。
「日を指定する」をチェックした場合は、指定した期間分のシフトのみ作成されます。
シフトを作成3 シフトを作成4
作業者をダブルクリックすると、シフト詳細が表示されます。
シフトを作成5 シフトを作成6
ページトップへ

4.シフトを確認する

仕事場とグループごとに、割当要員数の一覧を表示できます。
要員が足りない日は赤色で、過剰な場合は青色で表示されます。
シフトを確認1
ページトップへ

5.シフトをクリアする

「シフトをクリアする」ボタンをクリックするとメッセージが表示されるので、「はい」をクリックすると本日以降のシフトがクリアされます。
シフトを作成7 シフトを作成8
ページトップへ
ページのトップへ戻る